法的トラブルを抱えている方で、弁護士に相談することを、経済的な理由で諦めている方はいませんか?

弁護士費用は高額なイメージがあるため、なかなか一歩を踏み出すことができないのではないでしょうか。

そのような時に、弁護士費用を立て替えてくれる「法テラス」を利用すると、さまざまなサポートを受けることができるのです。

今回は、法テラスのメリットとデメリットを中心に解説していきますのでぜひ参考にしてください。




法テラス

法テラスの正式名称は「日本司法支援センター」と言い、国が母体となって2006年に設立した法律支援団体です。

一般の人が法律相談をできるようにするためにつくられた公的な法律相談窓口で、地方公共団体や弁護士会などと連携しています。

経済的に余裕のない人たちのための法律的支援を目的として設立されていますので、一定の条件さえ満たせば、弁護士や司法書士などの専門家による法律相談を無料で受けることができたり、費用を立て替えてもらったりすることができます。

その他にも、刑事事件の国選弁護人や少年事件の国選付添人の選任管理、犯罪被害者援助、震災法律援助などの業務も行っています。







法テラスのメリット

無料相談ができる

法テラスでは、1つの問題につき3回まで無料相談を受けることができます。

1回につき30分程を目安に、電話か面談で法テラスと契約している弁護士や司法書士が対応してくれます。

相談できる内容は、刑事事件以外の民事・家事・行政に関することに限りますが、一度相談して疑問が残った場合でも、3回まで相談することができるのはかなり魅力的だと言えるでしょう。

弁護士費用が安い

法テラスと契約している弁護士や司法書士の費用は、一般的に依頼する場合と比べて低く設定されています。

債務整理の任意整理を例に挙げると、債権者が7社の場合、法テラスでの弁護士費用は、着手金と実費を合わせて15万円程度であることが多いですが、

一般の法律事務所に依頼すると、これに報酬金や基本報酬がプラスされることが多いため28万円~42万円以上になってしまいます。

また、他の債務整理についても支払い金額が安くなることがほとんどです。

分割で支払える

法テラスでは民事法律扶助制度により、弁護士費用を立て替えてもらって費用を分割で支払うことが可能です。

通常、一括で支払わなければならないことが多い費用を、利息なしで月に5000円~1万円程度を目安に分割払いで返済できるため、経済的に余裕がない場合には負担が大幅に軽減されます。

生活保護受給者は償還金の返還が不要

法テラスの利用には一定の条件を満たす必要がありますが、生活保護受給者は自動的にこの基準をクリアしているとみなされます。

援助決定があった後も、すぐに分割支払いをする必要がなく、事件解決まで償還が猶予されます。

また、事件解決後も生活保護を受給している状態であれば、立替金の償還は不要になります。




法テラスのデメリット

利用できる人が限られる

メリットで挙げた無料相談や立替金制度は、一定の基準を満たした人だけが受けられるサービスになっています。

もともと、経済的余裕がない人のための制度ですので、収入が高い人や資産を持っている人は利用できません。

具体的には2人世帯で収入が25万1,000円以下、資産は250万円以下である必要があります。

他にも細かい基準が定められていますので、自分が対象になるか知りたい方は法テラスHPを参考にしてください。

審査に時間がかかる

借金などのトラブルを抱えている場合、1日でも早く手続きをしたいと考えている人が多いと思いますはが、法テラスを利用すると、上述した基準を満たしているかどうかの審査に約2週間かかります。

また、審査は必ず通るという保証はなく、この期間は弁護士と未契約の状態であるため、債権者からの連絡が止まることはありません。

時間的に余裕のない人は法テラスの利用は向いていないと言えるでしょう。

弁護士を選べない

法テラスで紹介される弁護士は、法テラスが登録された弁護士の中からランダムで選任しています。

一般的な弁護士事務所で依頼する場合は、当選自分の好きな弁護士を選ぶことができますが、法テラスを利用する場合は弁護士の年齢や性別、離婚問題に詳しい弁護士が良いなどの希望を聞いてもらうことは一切できません。

3回の無料相談で頼れる弁護士に出会えるかどうかは運による要素も高いため、難しいのが現実です。

まとめ

法的トラブルについて、経済的な負担の理由だけで弁護士への相談を躊躇している場合、法テラスは大きな手助けとなってくれます。

今回ご説明したメリット・デメリットを把握したうえで、条件を満たしているか検討し、まずは一度、法テラスに相談してみるのも良いかもしれません。